2017年07月15日

住田紘一の真相 その他記事まとめ


DMM特選ゲーム【JK家政婦はミタ肛門】
JK家政婦はミタ肛門はいはいどうも、これからいい事ありますよ!どんなネタがありましたかねぇ学生の皆さんは新学期の準備整いましたか?そろそろ出かけなきゃ。でもニュースもチェックしないと。【巨乳現場】無料パンスト in ソウル キム・アンナ リ・シズンその他パンスト in ソウル キム・アンナ リ・シズンパンスト in ソウル キム・アンナ リ・シズン無料動画フルバージョン手コキの虜 〜オフィス編〜手コキの虜 〜オフィス


DMM特選動画【制服美少女と性交 宮沢ゆかり】[ドリームチケット]
制服美少女と性交 宮沢ゆかりどりゃどりゃどうりゃ、人生いろいろ大変ですよねーまたまた、ちょこっと書き込ませてくださいね学生の皆さんは新学期の準備整いましたか?ダイエットも考えないと。長続きはしないんですけどね。【現場】CHIJO【女子校生リアル痴女】他あなたが探している18 号 同人 誌の新着情報をまとめている専門サイトです。あなたに必要な18 号 同人 誌の重要な情報も満載です。急いでお越しください。CHIJO【女


DMM特選動画【#11 パチドルクエスト season1】

#11 パチドルクエスト season1


ほほほのほーい、愛をはぐくんじゃったりしてますか?

ためになる(かもしれない)小ネタをいくつか


いよいよ夏も近づいてきたっていう感じがします。
今日のお昼は何を食べようかなぁ。

小栗旬が着ぐるみの中の人に感心 「俺だったら絶対にやらない」
記事を読む
Livedoorエンタメより 2017/07/15 10:18
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



価格
324 円
配信開始日
2017-07-14
メーカー
V☆パラダイス
シリーズ
パチドルクエスト





あなたが欲しい、あんな動画や他のお店では買えないゲーム、電子書籍、ホビー商品、
レンタル商品等がいっぱいありますよ〜!!こっそり通販堂.netへどうぞ。
全ての動画・ゲームなどが一気に見れちゃいます!!
丁度時間となりました。また次回に。

ご無礼いたました。

今回の住田紘一に関する動画や関連情報は、

⇒こっそり通販堂の住田紘一で検索!!





死刑囚2人の死刑執行



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011056611000.html

死刑囚2人の死刑執行
7月13日 11時03分
平成3年に京都や松江などでスナックの女性経営者4人を殺害した罪に問われ、死刑が確定した西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚と、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害した罪に問われ、死刑が確定した住田紘一死刑囚の死刑が、13日午前、執行されました。
死刑が執行されたのは、西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚(61)と、住田紘一死刑囚(34)の2人です。

西川死刑囚は、平成3年の暮れに、京都と松江、それに兵庫県姫路市で、スナックの女性経営者4人を相次いで殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われ、平成17年に死刑が確定していて、再審=裁判のやり直しを請求していました。

住田死刑囚は、平成23年に岡山市で元同僚の女性を殺害し、遺体を切断して遺棄したなどとして、強盗殺人などの罪に問われ、1審の裁判員裁判で死刑を言い渡されて、平成25年に確定していました。

裁判員制度の下で死刑が確定し、執行されたのは3例目です。

第2次安倍内閣発足以降で死刑が執行されたのは、去年11月以来、11回目で、合わせて19人になりました。

法務省は、今回の死刑執行に関連して、「死刑は人の生命を絶つ極めて重大な刑罰で、慎重な態度で臨む必要はあると考えているが、法治国家では、確定した裁判の執行が厳正に行われなければならないのは言うまでもないことだ」という見解を示しました。
西川死刑囚
死刑が執行された西川正勝、旧姓・金田正勝死刑囚は、平成3年に京都市や松江市、それに兵庫県の姫路市でスナックの女性経営者4人がおよそ半月の間に相次いで殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われました。

1審の大阪地方裁判所と2審の大阪高等裁判所はいずれも死刑を言い渡し、西川死刑囚は「死刑は重すぎる」などと主張して上告しました。

最高裁判所は、平成17年の判決で、「いずれも店に1人でいた女性経営者を襲って金を奪った事件で、4人を殺害した冷酷で残忍な犯行だ。死刑はやむをえない」として上告を退け、死刑が確定していました。

わずか半月の間に女性4人が殺害されたこの事件は、当時、社会に大きな衝撃を与え、警察庁が広域重要119号事件に指定していました。
住田死刑囚
死刑が執行された住田紘一死刑囚は、平成23年に岡山市で元同僚の当時27歳の女性を殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われました。

住田死刑囚は起訴された内容を認め、1審の裁判員裁判で岡山地方裁判所は「性的な欲求不満を解消するために被害者を乱暴して殺害した冷酷で残虐な犯行で、被害者が1人であっても死刑を選択するほかない」として死刑を言い渡しました。

これに対して弁護士が控訴しましたが、住田死刑囚がみずから取り下げ、4年前に死刑が確定しました。

裁判員裁判で死刑が言い渡された事件では、これまでに、川崎市で3人が殺害された事件と、熊本県で主婦2人が殺害された事件で死刑が執行されていて、今回で3例目です。
被害者1人で死刑の裁判員裁判 2審で無期懲役相次ぐ
裁判員裁判で死刑が言い渡された被害者が1人の殺人事件では、2審で無期懲役を言い渡されるケースが相次いでいます。

このうち平成21年に東京・港区のマンションで当時74歳の男性が殺害された事件では、1審の裁判員裁判で強盗殺人などの罪に問われた被告に東京地方裁判所が死刑を言い渡しました。

また、同じ平成21年に千葉県松戸市のマンションで、当時、千葉大学4年の21歳の女性が殺害された事件でも強盗殺人や放火などの罪に問われた被告に千葉地方裁判所が死刑を言い渡しました。

2審の東京高等裁判所がいずれも死刑を取り消して無期懲役を言い渡したのに対して検察が上告しましたが、最高裁判所は、死刑を選択するには過去の裁判例を踏まえて判断しなければならないとして、退ける決定を出しました。

その後、平成26年に神戸市で小学1年生の女の子が誘拐され殺害された事件でも1審で死刑を言い渡された被告に2審で無期懲役が言い渡され、検察が上告しています。

一方、13日、死刑が執行された住田紘一死刑囚は、弁護士が控訴したのに対してみずから取り下げたため、2審は開かれずに死刑が確定していました。
金田法相「慎重な検討加えたうえで命令」
金田法務大臣は法務省で臨時に記者会見し、「いずれの事件も、身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪うなどした極めて残忍な事案で、それぞれの被害者や遺族の方々にとって、無念このうえない事件だ。裁判所で十分な審理を経て、最終的に死刑が確定したもので、慎重な検討を加えたうえで、死刑の執行を命令した」と述べました。

そのうえで、金田大臣は、西川死刑囚が再審を請求していたことに関連し、「一般論として、再審請求の手続き中はすべて死刑の執行命令を発しないとなれば、請求を繰り返すかぎり、永久に刑の執行をなしえないことになり、刑事裁判の実現を期することは不可能となる。再審請求中であったとしても、当然に棄却されることを予想せざるをえないような場合は、死刑の執行を命ずることもやむをえない」と述べました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000528-san-soci
金田法相「いずれも極めて残忍な事件」 2人の死刑執行 女性経営者4人連続殺人の119号事件、岡山の元同僚殺害
7/13(木) 13:59配信 産経新聞
 法務省は13日、平成3〜4年にスナックの女性経営者ら4人が殺害されるなどした警察庁指定119号事件の西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=と、23年に元同僚の女性を殺害した住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑を同日午前、執行したと発表した。

 金田勝年法相は13日午後、会見で「いずれの事件も、誠に身勝手な理由から被害者の尊い人命を奪うなどして極めて残忍。被害者や遺族にとって無念この上ない事件だ」と指摘。「慎重な検討を踏まえたうえで死刑執行命令を発した」と述べた。

 死刑執行は昨年11月以来で、昨年8月に金田法相が就任してから計3人目。第2次安倍政権下で死刑が執行されたのは計19人となった。法務省によると、未執行の確定死刑囚は、刑の執行が停止された袴田巌さん(81)を除き124人となった。うち91人が再審請求中。

 西川死刑囚は3年12月、兵庫県姫路市、松江市、京都市でスナックの女性経営者ら計4人を殺害して売上金を奪うなどした。1、2審とも死刑判決を受け、「死刑は重すぎる」などと主張して上告したが、最高裁は17年6月に上告を棄却し、死刑が確定した。関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。

 住田死刑囚は23年9月、岡山市の勤務先の倉庫で、同僚の女性=当時(27)=から現金を奪い、性的暴行を加えてナイフで殺害。遺体を切断し大阪市内に遺棄した。住田死刑囚には前科がなく、殺害された被害者は1人だったが、1審の裁判員は「性的被害を伴っており結果は重大だ」として死刑を言い渡した。弁護人が即日控訴したが、住田死刑囚は自ら控訴を取り下げ、25年3月に死刑が確定した。

 死刑制度をめぐっては、内閣府が26年に発表した世論調査で容認派が約8割に上った。一方、日本弁護士連合会は人権擁護大会で、32年までの廃止を国に求める宣言を採択している。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000057-mai-soci
<死刑執行>「また襲われる恐怖感ずっと」負傷の女性落語家
7/13(木) 13:27配信 毎日新聞
<死刑執行>「また襲われる恐怖感ずっと」負傷の女性落語家
桂あやめさん=2015年12月3日
 法務省は13日午前、京都、兵庫、島根の3府県で1991年、飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=の刑を執行したと発表した。また、岡山市で2011年、元同僚の女性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑を言い渡された住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑も同日執行された。

【死刑囚の生活空間公開】「その日」までの生 「スタミナ焼き」人気

 1992年1月、大阪市内のアパートの自宅で西川死刑囚に首を絞められ、負傷した被害者で、女性落語家の桂あやめさんはこの日午後、大阪市北区の上方落語協会会館前で取材に応じた。あやめさんは「事件以降ずっと、西川死刑囚が戻ってきてまた襲われるのではないかという恐怖を感じていた。死刑が執行され、安心感はあるが、それは4人の方が命を奪われたからだと思うと複雑な気持ちだ」と語った。また「私は健康で仕事ができ、子どもを持った。4人の被害者にもそれぞれに人生の展開があったはず。それを突然奪われた無念を思うと西川死刑囚を許すことは絶対にできない。生きている私が『許せない』と言い続ける必要があると思う」と話した。【山田夢留】

 ◇「これであの事件も終わったんだ」

 警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などで死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)の死刑が執行された。殺害された兵庫県姫路市のスナック経営者、正木久美子さん(当時45歳)を知る近くの飲食店経営の男性(74)は「正木さんとお互いの店を行き来する仲だった。正木さんは気性が良く、優しい人で、店も人気があった。かわいそうだったが、これであの事件も終わったんだなと思う」と話した。【待鳥航志】・・・続きはこちら⇒死刑囚2人の死刑執行


posted by あいたんたかたん at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180349591

この記事へのトラックバック